コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

γ線照射装置 ガンマせんしょうしゃそうちγ-ray irradiation facility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

γ線照射装置
ガンマせんしょうしゃそうち
γ-ray irradiation facility

医療,非破壊検査,生物実験などを目的に大量のγ線を照射するための装置。大量のγ線源が鉛またはコンクリートの遮蔽体に格納されており,用途により型と線源が異なっている。医療用のγ線照射装置は,線源としてコバルト 60を内蔵しているので,コバルト照射装置ともいう。非破壊検査用照射装置は,3.7× 10 11Bq (ベクレル) 程度のイリジウム 192またはコバルト 60を内蔵している。この線源が自由に曲げることのできる管の先端へ繰り出してくるようになっているものが多い。物質照射用は,物質の性能向上のためにγ線を照射するものであって,用途によって,コバルト 60を 3.7× 10 11 ~10 14Bq 程度内蔵のものまである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

γ線照射装置の関連キーワードイリジウム

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android