コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

δ線 デルタせんδ-ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

δ線
デルタせん
δ-ray

高速荷電粒子が物質の原子と衝突したとき,大きなエネルギーをもって電離された電子。この電子は荷電粒子の進路とほぼ直角方向に放出され,2次的に原子を電離しうるので,観測可能な短い飛跡を残す。δ線の数から,荷電粒子の電荷,エネルギーを求めることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

δ線の関連キーワード染色質線(繊)維一次剥離面線構造原子スペクトルクリーピング症スコールライン輝線スペクトルレントゲン線ウォーレス線パワーラインネマトーダ一次宇宙線直線状構造線虫感染症共融境界線繊維状構造ステム構造高速PLCフィーダーサンビーム固相指示線

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android