コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

δ線 デルタせんδ-ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

δ線
デルタせん
δ-ray

高速荷電粒子が物質の原子と衝突したとき,大きなエネルギーをもって電離された電子。この電子は荷電粒子の進路とほぼ直角方向に放出され,2次的に原子を電離しうるので,観測可能な短い飛跡を残す。δの数から,荷電粒子の電荷,エネルギーを求めることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

δ線の関連キーワード奥多摩ハイキングフリーきっぷ縦線[bar line]三相4線式配電方式ゴールデンクロスラマンスペクトル上野東京ラインX線スペクトル放射線生物学ベースラインアルミ覆鋼線パワーラインX線分光分析X線バーストコンゲロント蛍光X線分析側線(鉄道)人工放射能高速PLC電力線通信二次X線

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android