コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

〆かす(粕) しめかす

1件 の用語解説(〆かす(粕)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

〆かす(粕)【しめかす】

魚肥の一種。イワシニシンサンマ等の生魚を煮沸または蒸熱した後,搾油し乾燥したもの。江戸時代から重要な窒素質肥料として常用されたが,化学肥料の発達と原料魚の不足からその利用は少なくなった。
→関連項目イワシ(鰯)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

〆かす(粕)の関連キーワードイワシマイワシ鰯酸潤目鰯片口鰯鰊粕イワシミールイワシ油多獲性魚

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone