生魚(読み)セイギョ

  • いきうお ‥うを
  • いきざかな
  • いけうお ‥うを
  • なまいお ‥いを
  • なまうお
  • なまうお ‥うを
  • なまうお〔うを〕
  • なまざかな
  • 生魚/生×肴

デジタル大辞泉の解説

生きている魚。
新鮮な。また、なまの魚。なまざかな。鮮魚
煮たり焼いたりなどしてない、なまのさかな。なまざかな。
煮たり焼いたりしていないなまの魚。なまうお。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

生きている魚。
新鮮な魚。
生の魚。なまざかな。なまいお。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 生きている魚。
※俳諧・西鶴大句数(1677)二「生魚を我手にかけてまな板に 四五人つかへと役にたたすしや」
〘名〙 (「いけ」は生かしておく意の「いける」から) 食用のために生簀(いけす)などで飼ってある魚。いきうお。
※摂津名所図会(1796‐98)八「兵庫生洲〈略〉諸魚を多く放生(はなちいけ)て常に貯ふ、これを兵庫の生魚(イケウヲ)と云ふ」
〘名〙
① 生きている魚。
※名語記(1275)六「生魚等にもゆひたりといへる詞ある歟」 〔荀子‐礼論〕
② 新鮮な魚。なまざかな。鮮魚。
※春日社記録‐中臣祐賢記・弘安三年(1280)五月一九日「凡当庄神人致生魚売買之業
御伽草子・二十四孝(室町末)「なまいをの鱠(なます)をほしく思へり」
〘名〙 なまの魚。煮たり焼いたりなどしていない魚。なまいお。なまざかな。
※源平盛衰記(14C前)一〇「僧形として、生魚(ナマウヲ)を手に把たる心うさよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生魚の関連情報