煮沸(読み)しゃふつ

精選版 日本国語大辞典「煮沸」の解説

しゃ‐ふつ【煮沸】

〘名〙 水、また器物などを入れた水などを火にかけて騰させること。えたぎらせること。しょふつ。
※和漢三才図会(1712)八七「石榴〈略〉取裂者米泔煑沸煠過数枚逐枚排籃中用相挨
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉憲法発布と日清戦争「人々は煮沸した水より外の飲料を飲むことを禁ぜられ」 〔物理小識〕

しょ‐ふつ【煮沸】

〘名〙 (「しょ」は「煮」の正音、「しゃ」は慣用音) =しゃふつ(煮沸)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「煮沸」の解説

しゃ‐ふつ【煮沸】

[名](スル)水などを火にかけて煮立たせること。「消毒のために煮沸する」
[類語]沸き立つ沸き返る沸き上がる煮立つ煮え立つ煮え返る煮え繰り返る煮えたぎる沸騰沸くたぎる沸かす蒸発揮発蒸留

しょ‐ふつ【煮沸】

[名](スル)しゃふつ(煮沸)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android