コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《大阪の宿》 おおさかのやど

世界大百科事典内の《大阪の宿》の言及

【水上滝太郎】より

…25年から約10年間,第2次《三田文学》の精神的主幹として後進の育成につとめた功績は大きい。代表作には,第1次大戦末期の大阪風俗を活写した姉妹作《大阪》(1923),《大阪の宿》(1926)があり,20年から6冊刊行された随筆集《貝殻追放》には大正期の健全な市民精神がうかがわれる。【前田 愛】。…

※「《大阪の宿》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《大阪の宿》の関連キーワード五所 平之助水上 滝太郎ずるっこける安西 郷子酔いたんぼ花井 蘭子水上滝太郎五所平之助佐野 周二水戸 光子八住 利雄水戸光子新東宝先繰り人臭い一脈返す寸胴湑む

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android