コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上滝太郎 みなかみたきたろう

7件 の用語解説(水上滝太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上滝太郎
みなかみたきたろう

[生]1887.12.6. 東京
[没]1940.3.23. 東京
小説家,評論家,劇作家。本名,阿部章蔵。 1912年慶應義塾大学卒業。 10年『スバル (昴) 』に短歌を発表し,『明星』派の歌人として出発したが,永井荷風の主宰する『三田文学』に『山の手の子』 (1911) を書いて小説に転じ,戯曲『嵐』の成功とともに作家として立った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなかみ‐たきたろう〔‐たきタラウ〕【水上滝太郎】

[1887~1940]小説家・評論家。東京の生まれ。本名、阿部章蔵。父の創立した生命保険会社に勤務するかたわら、「三田文学」などに作品を発表。小説「大阪」「大阪の宿」、評論・随筆集「貝殻追放」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水上滝太郎【みなかみたきたろう】

小説家,批評家,劇作家。本名阿部章蔵。東京生れ。父・泰蔵は明治生命保険相互会社の創立者。慶大理財科卒。永井荷風が主宰する《三田文学》に《山の手の子》を発表,久保田万太郎とともに三田派の新進作家として認められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水上滝太郎 みなかみ-たきたろう

1887-1940 明治-昭和時代前期の小説家,評論家。
明治20年12月6日生まれ。阿部泰蔵の4男。永井荷風に師事し,「三田文学」に「山の手の子」を発表して注目された。代表作に長編「大阪の宿」,随筆・評論集「貝殻追放」など。父創業の明治生命で専務をつとめた。昭和15年3月23日死去。54歳。東京出身。慶大卒。本名は阿部章蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みなかみたきたろう【水上滝太郎】

1887‐1940(明治20‐昭和15)
小説家,批評家,劇作家。東京生れ。本名阿部章蔵。慶応義塾大学部理財科在学中に,文科教授として新たに迎えられた永井荷風の講義に啓発され,創作欲をたかめる。1911年,荷風が主宰する《三田文学》に発表した処女作《山の手の子》が好評を博し,同じ慶応の文科生だった久保田万太郎とともに三田系の新進作家として認められた。翌年,理財科卒業後,ハーバード大学に留学,ロンドン滞在を経て,16年帰国した。この年,明治生命保険相互会社に入社,以後,没するまで会社員と作家の二重生活をつらぬいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなかみたきたろう【水上滝太郎】

1887~1940) 小説家・劇作家。東京生まれ。本名、阿部章蔵。慶大卒。文明批評的要素の強い三田派の作家として知られる。没するまで会社員生活を続けた。代表作「山の手の子」「大阪」「大阪の宿」「貝殻追放」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水上滝太郎
みなかみたきたろう
(1887―1940)

小説家、評論家、劇作家。明治20年12月6日、東京生まれ。本名阿部(あべ)章蔵。筆名は敬愛した泉鏡花の小説『風流線』『黒百合(くろゆり)』の主人公からとったもの。慶応義塾大学理財科在学中に、久保田万太郎らを知り、師永井荷風の影響を受ける。1911年(明治44)『三田文学』に小説『山の手の子』を発表して注目され、第一作品集『処女作』(1912)を刊行。12年(明治45)ハーバード大学に留学。卒業後ロンドンへ渡り、16年帰国。父(阿部泰蔵)の創設した明治生命保険相互会社(現明治安田生命保険相互会社)に勤めるかたわら、創作の筆をとり、『海上日記』(1917)、『日曜』(1920)、『大阪』(1923)、『大阪の宿』(1926)、『果樹』(1929)、『倫敦(ロンドン)の宿』(1935)、『遺産』(1936)など多くの作品集を刊行。また「貝殻追放(かいがらついほう)」の題により203編の評論・随筆を残した。25年からは『三田文学』の編集委員となり、「精神的主幹」として後進の育成にも尽力。水上の文学は強い道義性と文明批評性に特色をもち、実生活においても多くの敬愛を集めた。昭和15年3月23日没。[柳沢孝子]
『『水上滝太郎全集』全12巻(1940~41/増補再刊・1983~84・岩波書店) ▽今井達夫著『水上滝太郎』新装版(1984・フジ出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水上滝太郎の言及

【三田文学】より

…自然主義の《早稲田文学》に対立して耽美主義の立場をとり,当代の反自然主義陣営の一大拠点となった。荷風の《紅茶の後》《日和下駄》,鷗外の《妄想》《灰燼》,泉鏡花の《三味線堀》などをはじめ,《スバル》《新思潮》系の人々の作品が載り,その中から,久保田万太郎,水上滝太郎,佐藤春夫らの〈三田派〉新人が登場した。1925年3月休刊。…

※「水上滝太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水上滝太郎の関連キーワード長谷川時雨小林蹴月サガンメースフィールド批評家評家夢想家JBプリーストリーゴーゴリ伝辻井喬

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone