コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「春望」杜甫

とっさの日本語便利帳の解説

「春望」杜甫

<有名な漢詩の一節>
国破山河在 城春草木深

国破れて山河在り、城春にして草木深し

君王(玄宗)は蜀へと落ち、安禄山軍の略奪によって、唐朝の都城(長安)は破壊され荒れ果ててしまった。山河は見慣れたままの姿だが、城は春を迎えて草木の生い茂るにまかされている。繰り返される戦乱。「家書萬金に抵(あ)たる」(家族からの便りは万金にも相当する貴重なもの)という別離。先の敗戦後に、日本でもよく口ずさまれた。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報