コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別離 べつり

5件 の用語解説(別離の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別離
べつり

若山牧水の歌集。 1910年刊。第1歌集『海の声』 (1908) ,第2歌集『独り歌へる』 (10) の歌すべてに,新作を加えたもの。波乱に富んだ青春の哀歓をうたった若々しい抒情歌で自然主義歌人としての牧水の歌壇的地位を確立した歌集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

べつ‐り【別離】

わかれること。別れ。「別離の言葉」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

別離

つげ義春による漫画作品。家賃滞納がもとでアパートを出された主人公が妻と別居、数ヶ月後に会った妻が浮気していることを知る。『COMICばく』第13号~第14号(1987年6月~9月)に掲載。筑摩書房つげ義春全集7 大場電気鍍金工業所・やもり」に収録。1998年テレビ東京ドラマが放映された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べつり【別離】

( 名 ) スル
別れること。別れ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別離
べつり

若山牧水(ぼくすい)の第三歌集。1910年(明治43)4月、東雲堂書店刊。内容はほぼ第一歌集『海の声』と第二歌集『独り歌へる』とをあわせ、わずかの新作を加えたもので、菊半截(きくはんせつ)判。装丁石井柏亭(はくてい)。24歳までの作1004首を収める。初期の代表作「幾山河(いくやまかは)越えさりゆかば寂しさのはてなむ国ぞけふも旅ゆく」「白鳥(しらとり)はかなしからずや空のあを海の青にもそまずただよふ」などを含む恋愛中心の青春歌が大衆を魅了して版を重ね、一躍牧水を歌壇に君臨させた画期的な名歌集。[大悟法利雄]
『『若山牧水歌集』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別離の関連キーワードねじ式紅い花ゲンセンカン主人散歩の日々蒸発旅日記退屈な部屋やもり義男の青春リアリズムの宿李さん一家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

別離の関連情報