別離(読み)べつり

  • 書名

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若山牧水歌集。 1910年刊。第1歌集『海の声』 (1908) ,第2歌集『独り歌へる』 (10) の歌すべてに,新作を加えたもの。波乱に富んだ青春の哀歓をうたった若々しい抒情歌で自然主義歌人としての牧水の歌壇地位を確立した歌集。前田夕暮とともに「牧水,夕暮時代」を招来するきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

つげ義春による漫画作品。家賃滞納がもとでアパートを出された主人公が妻と別居、数ヶ月後に会った妻が浮気していることを知る。『COMICばく』第13号~第14号(1987年6月~9月)に掲載。筑摩書房「つげ義春全集7 大場電気鍍金工業所・やもり」に収録。1998年テレビ東京でドラマが放映された。
2011年のイラン映画。監督・脚本:アスガル・ファルハーディー。中産階級のイラン人夫婦に訪れる危機を軸に、複雑な人間心理やイラン国内の社会問題を描く人間ドラマ。ベルリン国際映画祭で金熊賞、銀熊賞(男優賞・女優賞)、米国アカデミー賞やゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞するなど高い評価を得た。日本においても、アジアフォーカス・福岡映画祭(2011年)の福岡観客賞を受賞している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若山牧水(ぼくすい)の第三歌集。1910年(明治43)4月、東雲堂書店刊。内容はほぼ第一歌集『海の声』と第二歌集『独り歌へる』とをあわせ、わずかの新作を加えたもので、菊半截(きくはんせつ)判。装丁石井柏亭(はくてい)。24歳までの作1004首を収める。初期の代表作「幾山河(いくやまかは)越えさりゆかば寂しさのはてなむ国ぞけふも旅ゆく」「白鳥(しらとり)はかなしからずや空のあを海の青にもそまずただよふ」などを含む恋愛中心の青春歌が大衆を魅了して版を重ね、一躍牧水を歌壇に君臨させた画期的な名歌集。

[大悟法利雄]

『『若山牧水歌集』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 別れること。遠く離れること。離別。
※懐風藻(751)七夕〈山田三方〉「所悲明日夜、誰慰別離憂」
※今昔(1120頃か)一〇「草木そら尚し別離を惜む也けり」 〔楚辞‐九歌・小司命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別離の関連情報