コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【せん】槨墓 せんかくぼ

百科事典マイペディアの解説

【せん】槨墓【せんかくぼ】

棺を取りまく槨が【せん】で作られている墓。中国の戦国時代末から出現,代になると盛んに作られ,魏・晋時代から唐代,五代(五代十国)にも作られた。戦国末のものは,土洞内部に空【せん】を用いて槨を作ったものが多く,後漢になると穹窿(きゅうりゅう)状の天井を長方形の【せん】で積み上げたものが出現,中には多くの室屋をもち生前の被葬者の宮殿を表すものもある。
→関連項目長沙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

【せん】槨墓の関連キーワード焼溝漢墓

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android