コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【せん】槨墓 せんかくぼ

1件 の用語解説(【せん】槨墓の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

【せん】槨墓【せんかくぼ】

棺を取りまく槨が【せん】で作られている墓。中国の戦国時代末から出現,代になると盛んに作られ,魏・晋時代から唐代,五代(五代十国)にも作られた。戦国末のものは,土洞内部に空【せん】を用いて槨を作ったものが多く,後漢になると穹窿(きゅうりゅう)状の天井を長方形の【せん】で積み上げたものが出現,中には多くの室屋をもち生前の被葬者の宮殿を表すものもある。
→関連項目長沙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

【せん】槨墓の関連キーワードマクロレンズ三角縁神獣鏡ナンプラはりま投げ紗幕玉釧銅鏡銅銭取巻く愛想をふりまく

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone