穹窿(読み)きゅうりゅう

大辞林 第三版の解説

きゅうりゅう【穹窿】

〔弓なりをなす意〕
大空。そら。
半球状の天井。まる天井。ドーム。
弓形をもとにして構成される曲面天井の総称。ボールト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐りゅう【穹窿】

〘名〙 (中央が高く弓形をなす意)
① 弓形に見える大空。天空。蒼穹(そうきゅう)
※星巖集‐丙集(1837)夷白盦集二・憑高望関中形勢「天勢穹窿囲大野、人煙匝繞重城」 〔周必大‐寄題高仲一虁殿撰詩〕
② 弓形をしたもの。多く、建造物についていう。アーチ形。穹窿形。
※土井本周易抄(1477)一「天の形は穹窿、そりまがると云形ぞ」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉隧道、ちご「聖セバスチヤノ寺の内なる穹窿の墓穴よりの入口と」 〔張衡‐西京賦〕
③ 弓形をした天井。丸天井。ドーム。
※河童(1927)〈芥川龍之介〉一四「ゴシック風の穹窿(キュウリュウ)、アラビアじみた市松模様の床」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の穹窿の言及

【ボールト】より

…曲面の天井または屋根。穹窿(きゆうりゆう)ともいう。本来は土,煉瓦,石,コンクリートなどで造ったものをいうが,木,布,ガラス,合成樹脂,金属などの軽い材料で造ったものも一般にボールトと呼ぶ。…

※「穹窿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穹窿の関連情報