あかねじ

精選版 日本国語大辞典「あかねじ」の解説

あか‐ねじ ‥ねぢ【赤

〘名〙 植物。
① 「ねじき(木)」の異名。
※重訂本草綱目啓蒙(1847)三一「木 ねぢぎ ねぢのき 丹後、あかねぢ 若州」
② 「ざいふりぼく(采振木)」の異名。
※重訂本草綱目啓蒙(1847)三一「栘 〈略〉 ざいふり 〈略〉 あかねぢ 丹後」
③ 「しらき(白木)」の異名。
※重訂本草綱目啓蒙(1847)三一「婆羅得 〈〉 しらき 江州 〈略〉 あかねぢ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android