采振木(読み)ざいふりぼく

精選版 日本国語大辞典「采振木」の解説

ざいふり‐ぼく【采振木】

〘名〙 バラ科の落小高木。本州中部以西の山地に生え、観賞用に庭園に栽植される。高さ三~六メートル。幹は紫色を帯びる。葉は長柄をもち長さ五~一〇センチメートルの楕円形、先は鋭くとがり縁に細かい鋸歯(きょし)があり、裏面には白い短毛を密布する。春、先に径約二・五センチメートルの白い五弁花がたくさん集まって咲く。果実は径約五ミリメートルの球形で紫黒色に熟し食べられる。材は緻密で堅く黄白色、くしなど種々の器具に用いる。漢名に栘を当てるが、正しくはヤナギ科の一種の名。しでざくら。ざいふり。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「采振木」の解説

ざいふり‐ぼく【采振木】

バラ科の落葉小高木。本州中部以西の山地に生え、高さ3~5メートル。葉は楕円形で長い柄をもつ。春、枝の先に白い5弁花を密につける。名は花の集まりが采配に見えることに由来四手桜しでざくら四手柳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「采振木」の解説

采振木 (ザイフリボク)

学名Amelanchier asiatica
植物。バラ科の落葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android