あののものの

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 (「あのの」の「あの」「の」ともに相手に呼びかけたり、言うことをためらったりする時に用いる感動詞。「ものの」の「もの」も言うことをためらう時のことばで、これに「の」を添えて、「あのの」にそろえて語勢を強めたもの) なんのかのと言うこと。また、そのさま。あれこれと文句を言うこと。なにやかやと要領を得ないこと。なにやかやと言って相手を口説くこと。なんのかのと噂をすること。あののこのの。
※浮世草子・好色貝合(1687)下「あののもののとぬれかける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android