あも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あも
あも

「あんも」ともいい、餡餅(あんもち)の略。安永4年(1775)刊の『物類称呼(ぶつるいしょうこ)』には、餅を関西であも、江戸では餅の小児ことばとあるが、あんぴん、あんころ餅と称されるものが「あも」本来の姿である。1629年(寛永6)6月5日、落語の祖といわれる安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)(京都・誓願寺の僧)の催した茶会でも、茶菓子に餡餅が使われたが、江戸中期以降は茶屋掛けの小店で商われ、家庭でも折々につくられる庶民の餅菓子となった。滋賀県大津市の叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)は、丹波大納言(たんばだいなごん)の小豆(あずき)餡で求肥(ぎゅうひ)をくるんだ風雅な棹物(さおもの)の「あも」を名代(なだい)菓子としている。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あもの関連情報