コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あも
あも

「あんも」ともいい、餡餅(あんもち)の略。安永4年(1775)刊の『物類称呼(ぶつるいしょうこ)』には、餅を関西であも、江戸では餅の小児ことばとあるが、あんぴん、あんころ餅と称されるものが「あも」本来の姿である。1629年(寛永6)6月5日、落語の祖といわれる安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)(京都・誓願寺の僧)の催した茶会でも、茶菓子に餡餅が使われたが、江戸中期以降は茶屋掛けの小店で商われ、家庭でも折々につくられる庶民の餅菓子となった。滋賀県大津市の叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)は、丹波大納言(たんばだいなごん)の小豆(あずき)餡で求肥(ぎゅうひ)をくるんだ風雅な棹物(さおもの)の「あも」を名代(なだい)菓子としている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

あもの関連キーワード山形県新庄市多門町パターン認識滋賀県大津市アンズ(杏)のろ(神女)天骨も無い日当山温泉石(いし)おしゃます福部〈村〉隼人[町]中臣部足国横川[町]餡餅・餡餠牧園[町]広田弘毅中山王府足元踏元岩成達也田安宗武

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あもの関連情報