あんだら(読み)アンダラ

デジタル大辞泉の解説

《「あのだら」または「あのどら」の音変化という》あほう。ばか。まぬけ。
「―めには拳(こぶし)一つ当てず、ほたえさせ」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 愚かなこと。また、その人。ばか。あほう。まぬけ。あんだ。
※歌舞伎・大一大万大吉(1700)一「見ればよいきりゃうじゃが、あんだらな若衆じゃ」
※談義本・教訓続下手談義(1753)一「是もあんだらな店衆は、むだ口たたいて高笑する隙(ひま)はあれど」
[語誌]語源に関しては諸説がある。一つは「阿呆太郎」のように太郎がダラに変化したとするもの。一方、文楽人形に「陀羅助」という愚かな人物像のかしら(頭部)があるところから、ダラを本来的なものと見るものもあり(松本修「全国アホ・バカ分布考」)「あのだら」の変化とも見られる。また、「あほんだら」との関連も考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android