あんびん餅(読み)あんびんもち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あんびん餅
あんびんもち

埼玉県熊谷(くまがや)市栄寿堂の名代(なだい)菓子で大福餅の一種。餡(あん)は薄塩味のつぶし餡で、日もちはしない。姿は普通の大福餅の2倍以上もある。『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』によると、「あんひんは餡餅の音なり」とある。また「はらぶと餅」について、「皮薄くして餡は赤小豆(あずき)に塩のみ入りて砂糖ケなく、ただ大につくりたるものなり。大福餅ともいう。近ごろまでもありしが、いまは絶えたり」とあるが、あんびん餅はこのはらぶと餅のことで、『嬉遊笑覧』が著された文政(ぶんせい)年間(1818~1830)にはすでに江戸市中にもなかった。熊谷では安便餅ともいい、嫁の里帰りには、姑(しゅうと)が無事息災を知らせる手紙がわりに持たせたという。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android