コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷 クマガイ

7件 の用語解説(熊谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くまがい【熊谷】[地名]

埼玉県熊谷(くまがや)市の旧称。熊谷氏の本拠。→くまがや(熊谷)

くまがや【熊谷】

埼玉県北部の市。中山道の宿場町として発達。鎌倉時代には熊谷直実(くまがいなおざね)の所領で、居館の跡が熊谷寺(ゆうこくじ)となっている。現在は重化学工業が盛ん。平成17年(2005)に大里町・妻沼(めぬま)町と合併。平成19年(2007)に江南町を編入。人口20.3万(2010)。くまがい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

熊谷

正式社名「株式会社熊谷」。英文社名「KUMAGAI CO., LTD.」。製造業。昭和28年(1953)創業。同35年(1960)「株式会社熊谷商店」設立。同45年(1970)現在の社名に変更。本社は新潟市中央区東大通プラスチック包装資材メーカー。米菓・精米用のパッケージが主力。デザインから企画し顧客に提案。電子機器向けプラスチック成形品も手がける。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くまがい【熊谷】

姓氏の一。

くまがや【熊谷】

埼玉県北部にある市。近世、中山道の宿場町。重化学工業地として発展し、県北部の中心。熊谷ゆうこく寺がある。くまがい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊谷の関連キーワード兼松熊谷組秩父鉄道AiHOオムエルケーエスケーしんわ熊本放送エトーマルホ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊谷の関連情報