いげちない

大辞林 第三版の解説

いげちない

( 形 ) [文] ク いげちな・し
〔近世上方語〕
薄情である。冷淡である。 「ええ-・い。埒の明ぬ/浄瑠璃・万戸将軍唐日記」
むごい。むごたらしい。 「 - ・きうきめにあふ事也/洒落本・男倡新宗玄々経」
厚かましい。意地汚い。 「 - ・い酒好き/浄瑠璃・近江源氏」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

いげち‐な・い

[形][文]いげちな・し[ク]《近世語》
人情味がない。薄情である。
「―・い、埒(らち)の明かぬ」〈浄・万古将軍唐日記〉
厚かましい。貪欲である。
「酒呑童子(すってんどうし)の眷属か、―・い酒好き」〈浄・近江源氏
むごい。むごたらしい。
「―・きうきめにあふ事なり」〈洒・玄々経〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いげち‐な・い

〘形口〙 いげちな・し 〘形ク〙
① 薄情である。冷淡である。いげつない。えげつない
浄瑠璃・万戸将軍唐日記(1747)三「ヱヱいげちない、埒の明ぬ、もう爰へ見えたぞや」
② むごい。むごたらしい。同情心がない。
洒落本・男倡新宗玄々経(1751‐64頃)「座敷をつとめて、おそろしき山法師あるひは在郷の熱鉄坊にも出会ひ、いげちなきうきめにあふ事也」
③ 厚かましい。貪欲である。意地汚ない。
※浄瑠璃・義仲勲功記(1756)二「あのの物のいうてゐると、いげちないは男の気、つひ取結びが出来る物」
いげちな‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android