コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江源氏先陣館 おうみげんじせんじんやかた

6件 の用語解説(近江源氏先陣館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近江源氏先陣館
おうみげんじせんじんやかた

浄瑠璃。時代物。9段。近松半二三好松洛竹本三郎兵衛ほかの合作。明和6 (1769) 年大坂竹本座初演。『大坂軍記』『難波戦記』をもとに大坂夏の陣の事件を鎌倉時代初期に擬して脚色。大坂夏,冬の陣については,すでに紀海音作『義経新高館』,並木宗輔作『南蛮鉄後藤目貫』などに描かれていたが,この作品はそれら先行作の集大成といえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうみげんじせんじんやかた〔あふみゲンジセンヂンやかた〕【近江源氏先陣館】

浄瑠璃時代物。九段。近松半二らの合作。明和6年(1769)大坂竹本座初演。大坂冬の陣を鎌倉時代に移し変えたもので、「盛綱陣屋」のくだりが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

近江源氏先陣館【おうみげんじせんじんやかた】

盛綱陣屋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうみげんじせんじんやかた【近江源氏先陣館】

(1)人形浄瑠璃。時代物。9段。近松半二八民平七・松田才二・三好松洛竹田新松近松東南・竹本三郎兵衛の合作。1769年(明和6)12月大坂竹本座初演。大坂の陣に取材した〈大坂軍記物〉中の代表作。時代を鎌倉期に設定し,北条時政(徳川家康に擬した人物)と源頼家(豊臣秀頼)との確執を基本的な対立として,それに宇治の方(淀君),時姫(千姫),佐々木盛綱・高綱兄弟(真田信幸・幸村),三浦之助(木村重成),和田兵衛(後藤又兵衛),片岡造酒之頭(片桐且元)らの動向をからませて複雑な構想を展開させたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうみげんじせんじんやかた【近江源氏先陣館】

浄瑠璃、時代物。近松半二を中心とする合作。九段。1769年初演。大坂冬の陣の真田信之のぶゆき・幸村ゆきむら兄弟を鎌倉時代に仮託して描く。大坂陣物を集大成し、のちの「鎌倉三代記」などに影響を与えた。近江源氏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近江源氏先陣館
おうみげんじせんじんやかた

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。9段。近松半二、八民平七、松田才二、三好松洛(しょうらく)、竹田新松、近松東南、竹本三郎兵衛合作。1769年(明和6)12月大坂・竹本座初演。翌年歌舞伎(かぶき)に移入された。大坂冬の陣を鎌倉時代の近江(おうみ)源氏の戦いに置き換えて脚色。作中の北条時政(ときまさ)が徳川家康、源頼家(よりいえ)が豊臣秀頼(とよとみひでより)、佐々木盛綱(もりつな)・高綱(たかつな)が真田信幸(のぶゆき)・幸村(ゆきむら)を暗示する。八冊目の「盛綱陣屋(じんや)」が有名で、再三上演されている。頼家方の軍師佐々木高綱は、北条時政に自分を死んだと思わせる計略から、わざと一子小四郎を北条方に生け捕らせる。時政の将盛綱は、弟高綱の武士道をたたせるため母の微妙(みみょう)に小四郎殺害を頼むが、おりから高綱戦死の報が入る。時政の命で弟の首を実検した盛綱は、すぐ偽首(にせくび)と知るが、計略通り父のあとを追うとみせて切腹した小四郎のけなげさに感じ、高綱の首に相違ないと言上する。「首実検」は時代物に数多い類型的な局面だが、盛綱のそれはもっとも格調のあるもので、複雑な心理表現が眼目。「三婆(さんばば)」の一つで老女の難役微妙をはじめ、頼家方の豪傑和田兵衛(びょうえ)、小四郎を追って忍んでくる母篝火(かがりび)など、他の役にも見せ場が多い。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近江源氏先陣館の関連キーワード妹背山婦女庭訓絵本太功記操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座近松内海繁太郎亀山の仇討物景清(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近江源氏先陣館の関連情報