コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眷属 けんぞくparivāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眷属
けんぞく
parivāra

仏教用語。親しく従う者,妻子従僕をいう。あるいは仏,菩薩につき従う者,すなわち脇侍,随順する諸尊などをいう。一般には,一族親族,さらに郎党をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぞく【×眷属/×眷族】

血筋のつながっている者。一族の者。身内の者。親族。
従者。家来。配下の者。
「四五百人の所従―に囲繞(ゐねう)せられて」〈平家・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

眷属
けんぞく

侍者、従者、随伴者、取り巻きの者のこと。サンスクリット語のパリバーラparivraの漢訳語。仏や菩薩(ぼさつ)の眷属は、薬師仏(やくしぶつ)における十二神将、不動明王(みょうおう)の八大童子、普賢(ふげん)菩薩の十羅刹女(じゅうらせつにょ)、千手観音(せんじゅかんのん)の二十八部衆などの脇侍(きょうじ)についていうほか、弟子や従者、広く仏の法を受ける者すべてをさす。また狭義には親族、身内の意で用いられる。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の眷属の言及

【神使】より

…神の使いや神と特別な関係のある動物をさす。眷属,霊獣ともいう。代表的な例として,京都・伏見稲荷大社の狐,滋賀・日吉大社の猿,京都・護王神社の猪,奈良・春日大社,茨城・鹿島神宮の鹿,奈良・大神(おおみわ)神社の蛇,和歌山・熊野三社の烏,島根・出雲大社の鶺鴒(せきれい),埼玉・三峯神社の山犬など,種々の動物が神使となっている。…

※「眷属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

眷属の関連キーワード言い漏らす・言漏らす・言い洩らす屍鬼二十五話新羅十二支像胎蔵界曼荼羅いげちないガネーシャ二十八部衆風神・雷神文殊菩薩八大夜叉牛頭天王十二神将薬師如来無縁法界王子信仰八十末社歓喜天鳩槃荼眷属神兜率天

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眷属の関連情報