いすみ楊枝(読み)いすみようじ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

いすみ楊枝[木工]
いすみようじ

関東地方、千葉県の地域ブランド。
いすみ市で製作されている。千葉県の雨城楊枝の流れをくむ。当初、岬小楊枝と呼ばれた楊枝は、元夷隅市長により、いすみ楊枝と命名された。楊枝は、江戸時代から装飾品・茶道用品として人気が高い。楊枝の材料となる黒文字は木肌の美しい香木。君津地域産の黒文字を伝統の技で削りだしてつくられる。千葉県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android