黒文字(読み)クロモジ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐もじ【黒文字】

クスノキ科の落葉低木。山地に多く、樹皮は黒斑のある緑色、葉は楕円形で両端がとがる。雌雄異株。春、淡黄色の小花が多数咲く。材からようじを作る。 花=春》
1の木で作るところから》茶道で、菓子に添えて出すようじ。また一般に、つまようじのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろもじ【黒文字】

クスノキ科の落葉低木。山地に生える。葉は長楕円形。雌雄異株。早春、黄色の小花を多数散形花序につけ、のち黒熟する小液果を結ぶ。樹皮に黒斑がある。香気があるので、香油を採り、また楊枝ようじなどを作る。
〔多くの木で作ることから〕 小楊枝こようじの別名。つまようじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒文字 (クロモジ・クロモンジ)

学名:Benzoin umbellatum
植物。クスノキ科の落葉低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐もじ【黒文字】

〘名〙
① クスノキ科の落葉低木。北海道渡島半島、本州、四国、九州の山地に生える。幹は高さ二~三メートルになり、樹皮には黒色の斑紋がある。葉は柄をもち互生し、長さ五~九センチメートルの狭長楕円形で先がとがる。雌雄異株。春、葉に先だって小さな淡黄色の五弁花を密集してつける。一〇月ごろ、径約六ミリメートルの球形の果実が熟して黒色となる。葉から黒文字油を採り香料とし、材には芳香があるので楊枝(ようじ)を作る。漢名に釣樟を当てるのは誤用。くろとりぎ。とりぎ。とりこしば。とりしば。くろもんじ。
※俳諧・雀子集(1662)四「赤けれど名はくろもしのいろは哉〈月潭〉」 〔大和本草(1709)〕
② ①の木で作った楊枝。茶道で菓子に添えて出す、長さ五寸九分(約一八センチメートル)の楊枝をさす。また、小楊枝の別称。小楊枝も多く①の木を用いるところからいう。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)二「けづる楊枝(よじ)さへ細元手、しんく黒もじ身すぎ楊枝」
③ 黒々と書かれた文字。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

黒文字の関連情報