コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒文字 クロモジ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐もじ【黒文字】

クスノキ科の落葉低木。山地に多く、樹皮は黒斑のある緑色、葉は楕円形で両端がとがる。雌雄異株。春、淡黄色の小花が多数咲く。材からようじを作る。 花=春》
1の木で作るところから》茶道で、菓子に添えて出すようじ。また一般に、つまようじのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろもじ【黒文字】

クスノキ科の落葉低木。山地に生える。葉は長楕円形。雌雄異株。早春、黄色の小花を多数散形花序につけ、のち黒熟する小液果を結ぶ。樹皮に黒斑がある。香気があるので、香油を採り、また楊枝ようじなどを作る。
〔多くの木で作ることから〕 小楊枝こようじの別名。つまようじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒文字 (クロモジ・クロモンジ)

学名:Benzoin umbellatum
植物。クスノキ科の落葉低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒文字の関連情報