いと(読み)イト

デジタル大辞泉の解説

いと

[副]
非常に。たいへん。きわめて。
「三寸ばかりなる人、―うつくしうて居たり」〈竹取
ほんとうに。まったく。
「忘れ草種とらましを逢ふことの―かく難きものと知りせば」〈古今・恋五〉
(あとに打消しの語を伴って)あまり。それほど。
「―やむごとなき際(きは)にはあらぬが」〈桐壺
[補説]現在「いとも」という表現に残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いと

( 名 )
の転。近世語〕
幼児。 「これ怪我さんすな-/浄瑠璃・新版歌祭文」
女児。娘。 「お家さんの傍に立つて居なます-さんを見いな/滑稽本・浮世風呂 2
( 接頭 )
名詞に付いて、いとけない・幼い、の意を表す。 「 -姫君の、小式部のめのと/紫式部日記」

いと

( 副 )
程度のはなはだしいさま。非常に。大変。 「三寸ばかりなる人-うつくしうてゐたり/竹取」
(下に打ち消しの語を伴う)たいして。あまり。 「 -やむごとなき際きわにはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり/源氏 桐壺
事態が並々でないさま。本当に。 「かの張騫ちようけんも-ただ者にはあらざりけるにや/今昔 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いと

[1] 〘接頭〙 名詞の上に付けて、幼い、いとけないの意を表わす。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一一日「姫君の少納言のめのと、いと姫君の小式部のめのとなど」
[2] 〘名〙 幼児。
(イ) 天明(一七八一‐八九)頃までは男女児いずれをも言った。
※雑俳・へらず口(不及子編)(1734)「久七を今度は若様(イト)が馬に召す」
(ロ) 寛政(一七八九‐一八〇一)の頃から特に女児、娘をいう。嬢。むすめ。→ぼん(坊)②。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「向(むかひ)の嚊(かか)や隣の児(イト)なぞ対手(あひて)にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

いとの関連情報