コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタ

デジタル大辞泉の解説

いた【甚】

[副]《形容詞「いたし」の語幹から》程度のはなはだしいさま。非常に。たいへん。
「―泣かば人知りぬべし」〈・下・歌謡

じん【甚】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジン(呉) [訓]はなはだ はなはだしい
はなはだしい。「甚雨甚暑甚大激甚幸甚深甚
[名のり]しげ・たね・とう・ふか・やす
[難読]甚麼(そも・いかん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いた【甚】

( 副 )
〔形容詞「いたし」の語幹から〕
はなはだしく。ひどく。 「 -泣かば人知りぬべし/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

甚の関連キーワード長崎県西彼杵郡時津町浜田郷問わず語らず名も無き焼酎大和山甚左衛門(2代)雨に沐い風に櫛る志水甚五(2代)花曇り・花曇言語に絶する甚句(甚九)増田 友之丞いとのきて金魚倶楽部小田原提灯鬱蒸・欝蒸小桜林之助勾崎甚内松本重寿清水直次小池貞成木村玄七狩野征信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甚の関連情報