いっちくたっちく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 近世、あめ売りなどの歌った童謡。明治一〇年(一八七七)ごろ、再びあめ売りによって歌われ流行した。
※談義本・檠下雑談(1755)陳珍斎之伝「いっちくたっちく鯛の目、ちんがらこっこの時分より」
② 児童の遊戯の名。「ずいずいずっころばし」に似た遊戯。信州上田地方でいう。〔風俗画報‐二六二号(1903)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android