コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いつか汽笛を鳴らして イツカキテキヲナラシテ

1件 の用語解説(いつか汽笛を鳴らしての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いつかきてきをならして【いつか汽笛を鳴らして】

畑山博短編小説。昭和47年(1972)発表。同年、第67回芥川賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

いつか汽笛を鳴らしての関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯ブレア政権の後退(英)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone