コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑山博 ハタヤマヒロシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑山博 はたやま-ひろし

1935-2001 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年5月18日生まれ。41年「一坪の大陸」で注目される。放送作家をしながら執筆をつづけ,47年「いつか汽笛を鳴らして」で芥川賞。社会的弱者や差別される側の人々の意識をさぐる作品がおおい。ほかに「母を拭く夜」「海に降る雪」「宮沢賢治の夢と修羅」など。平成13年9月2日死去。66歳。東京出身。日大一高卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑山博
はたやまひろし
(1935―2001)

小説家。東京生まれ。1954年(昭和29)日大一高卒業。新聞店員、工員を経て、66年『一坪の大陸』で第9回『群像』新人賞を受賞。テレビ番組の放送台本を執筆しながら、『四階のアメリカ』(1969)、『狩られる者たち』(1970)、『はにわの子たち』(1971)などで芥川(あくたがわ)賞候補になり、『いつか汽笛を鳴らして』(1972)で第67回芥川賞を受賞した。社会的弱者や、差別された者の屈辱感、疎外感を描いて注目される。下層社会の女の戦中戦後を描く『母を拭(ふ)く夜』(1972)や、長編小説『神さまの親類』(1974)、『海に降る雪』(1976)など、社会の片すみで生きる人々を温かなまなざしで描き、自然との共生を説いて、教育者としての宮沢賢治に私淑した。[山田俊治]
『『教師 宮沢賢治のしごと』(1988・小学館) ▽『美しき死の日のために――宮沢賢治の死生観』(1995・学習研究社) ▽『わが心の宮沢賢治』(1996・学陽書房) ▽『森の小さな方舟暮らし』(2000・新思索社) ▽『狩られる者たち』(旺文社文庫) ▽『神さまの親類』(集英社文庫) ▽『母を拭く夜』(講談社文庫) ▽『海に降る雪』(講談社文庫) ▽『いつか汽笛を鳴らして』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

畑山博の関連キーワード親類

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android