請託(読み)せいたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請託
せいたく

一定の職務行為をすることの依頼を受けこれを承諾して賄賂を受取ること。公務員が職務に関連して賄賂を受取ればそれだけで収賄罪となるが,請受託収賄罪としてが加重される (刑法 197条1項) 。請託がある場合には,職務行為と賄賂との対価関係が明白であり公務が左右される危険がより高く,また社会の信頼をそこなう程度が大きいといえるからである。もっとも,請託は不正な行為を内容とする場合ばかりでなく,正当な職務行為を依頼する場合をも含むとされる。事前収賄罪 (197条2項) ,第三者供賄罪 (197条ノ2) ,事後収賄罪 (197条ノ3第3項) ,斡旋収賄罪 (197条ノ4) においては請託があることが犯罪成立の要件となっている。請託は普通密室で証拠を残さないように行われるため,立証には困難な問題がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐たく【請託/請×托】

[名](スル)内々で特別の計らいを頼むこと。特に、公務員一定の職務行為を行うように依頼すること。「―を受ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android