コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いぶり イブリ

デジタル大辞泉の解説

いぶり

[名・形動ナリ]
残忍なこと。また、そのさま。
「勇みたけくして―なることあり」〈丹鶴本神代紀・上〉
すねたり、ふてくされたりすること。また、そのさま。
「意見をすれば―を出し」〈浄・卯月の紅葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶり

( 名 ・形動ナリ )
荒々しく残忍な・こと(さま)。 「此の神、勇悍いさみたけくして-なること有り/日本書紀 神代上訓
すねる・こと(さま)。 「心にきずを持ちたれば-もならず/浄瑠璃・万年草

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いぶりの関連キーワード奈良県宇陀市室生区向渕支笏洞爺国立公園エコロパ西いぶりげんき館ペトトルメルトタワー21土佐清水[市]後志[支庁]上川[支庁]渡島[支庁]いぶりがっこ越前中央山地石狩[支庁]大滝[村]ぶりしゃり白老[町]日高振興局洞爺[村]壮瞥[町]鵡川[町]追分[町]

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いぶりの関連情報