コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神皇正統記 じんのうしょうとうき

6件 の用語解説(神皇正統記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神皇正統記
じんのうしょうとうき

南北朝時代の史論書。北畠親房著。2巻本とも3巻本ともいうが,延元4=暦応2 (1339) 年,常陸国小田城の戦陣で執筆され,興国4=康永2 (43) 年,同国関城で修訂された。日本の神国としての成立から後村上天皇までの事跡を天皇の系譜をたどりつつ述べたもので,三種の神器を正直,慈悲,知恵に対応させ,アマテラスオオミカミの加護と為政原理を現すものと説き,建国の由来やその神聖さによって南朝の正統性を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんのうしょうとうき〔ジンワウシヤウトウキ〕【神皇正統記】

南北朝時代の史論書。北畠親房著。延元4=暦応2年(1339)成立。興国4=康永2年(1343)改訂。日本建国の由来から後村上天皇までの事跡を示し、南朝の正統性を論じたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神皇正統記【じんのうしょうとうき】

北畠親房の著した歴史書。3巻。1339年常陸(ひたち)小田城で完成し,1343年幼帝後村上天皇に献じた。神代から後村上天皇までの事績を記し,南朝の皇統が正統であることを述べている。
→関連項目小田城愚管抄朱子学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じんのうしょうとうき【神皇正統記】

南北朝時代に北畠親房が著した歴史書。3巻。神代から後村上天皇即位までの歴史を,簡潔で力強いかなまじり文で叙述し,広く読まれた。摂関家藤原氏につぐ門地を誇る村上源氏の一門に生まれた親房は,後醍醐天皇に仕えた後,いったん出家の身となったが,建武新政の下で政界に復帰し,新政崩壊後は吉野の朝廷の中心として活動した。1338年(延元3∥暦応1),親房は関東の政局を打開するために海路伊勢を出発したが,途中暴風にあって常陸国に漂着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんのうしょうとうき【神皇正統記】

歴史書。六巻。北畠親房著。1339年成立。1343年改訂して後村上天皇に献じた。独特の神国論に基づいて、神代から当代に至るまでの天皇の事績、歴史の推移を述べ、南朝の正統性を論じる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神皇正統記
じんのうしょうとうき

南北朝時代に南朝の柱石であった北畠親房(きたばたけちかふさ)の著。親房は本書の初稿本を1339年(延元4・暦応2)常陸(ひたち)国(茨城県)小田城にあって足利(あしかが)方の軍と対戦中に執筆し、43年(興国4・康永2)常陸国関城でこれを修訂した。1339年は後醍醐(ごだいご)天皇が崩じ、後村上(ごむらかみ)天皇が若年で即位した年で、親房は、後村上天皇とそのごく側近の人々を対象として、天皇の修身・治政の参考に資することを主目的として本書を著し、修訂にあたって、より広い一般人士に読まれることを期して、これらの人々への訓誡(くんかい)を加えたとみられる。
 本書は神代から後村上天皇までの時期を扱う。著述の思想的原理は、度会神道(わたらいしんとう)を受け継ぎながら仏教や儒教をも取り入れて形成した親房独自の神道思想である。日本を神孫君臨と神明擁護が変わることなく実現する世界に例のない国とみなす神国論、神武(じんむ)天皇以来皇位が正しい理に従って継承し来った、そして現今では南朝こそが正統だとする皇位継承論・南朝正統論、政(まつりごと)の担当者は神孫たる天皇家と藤原氏とに限定されるとする政体論、治政は正直・慈悲・智恵(ちえ)の三徳(ほとんど知・仁・勇の儒教的三徳と同一視される)を具現化したものでなければならぬとする政道論、臣民の君(天皇)への奉仕を最高の道徳とする道徳論、歴史を皇祖神の意志や計らいの顕現とみる歴史論などが、神道思想を前提にして示される。近世・近代の思想界に大きな影響を与えた。[玉懸博之]
『岩佐正校注『神皇正統記』(岩波文庫) ▽山田孝雄著『神皇正統記述義』(1932・民友社) ▽平田俊春著『神皇正統記の基礎的研究』(1979・雄山閣出版) ▽我妻建治著『神皇正統記論攷』(1981・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神皇正統記の言及

【元元集】より

…親房は,この書に集成した神道の知識をもとに,神道の理論化を試みて《東家秘伝》を著し,神々に関する具体的な知識をまとめて《二十一社記》を書いた。その後親房は奥州の南朝軍を組織するために常陸に下ったが,その際《元元集》を携行したらしく,常陸の城中で《神皇正統記》を著すにあたり,本書を資料としたことがわかっている。本書の書名は,《倭姫命世記》に,神道の極致を示すことばとして〈元元入元初,本本任本心〉とあるのによっている。…

【職原鈔】より

…建武政権崩壊ののち,足利軍優位のなか,東国に南朝の基盤を築くため常陸各地を転戦していた親房が,後醍醐天皇の死,後村上天皇の即位という局面の転換期に,常陸小田城で1340年(興国1∥暦応3)執筆した。これは《神皇正統記》成立の翌年のことであり,両書の関係は密接である。したがって官制の注釈書という形をとりつつ,この書の著作意図はそれにとどまらない。…

【筑波】より

…北条付近の多気(たけ)には平安時代に大掾(だいじよう)氏が拠ったが,鎌倉初期に小田氏に追い落とされた。小田氏が築いた小田城では南北朝期に北畠親房が《神皇正統記》を著している。中心集落の北条は古くは筑波山の登山口で,周辺農村の小商業中心をなし,山麓南斜面にある筑波は筑波山神社の鳥居前町として栄えた。…

※「神皇正統記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神皇正統記の関連キーワード春日顕国北畠顕能元元集職原抄関城書北畠准后関城[町]鹿島幹寛下妻政泰結城直朝(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神皇正統記の関連情報