コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯月の紅葉 ウヅキノモミジ

デジタル大辞泉の解説

うづきのもみじ〔うづきのもみぢ〕【卯月の紅葉】

浄瑠璃世話物。三段。近松門左衛門作。宝永3年(1706)大坂竹本座初演。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀と養子婿との心中事件を脚色したもの。続編に「卯月潤色(いろあげ)」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うづきのもみじ【卯月の紅葉】

人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1706年初演。本外題「ひぢりめん卯月紅葉」。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀かめとその婿むこ与兵衛との心中事件を脚色したもの。梅田堤で心中を図るが与兵衛だけ助かる。続編「卯月の潤色いろあげ」では、生き残った与兵衛がお亀の命日に自害する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

卯月の紅葉の関連キーワード名立てがましい日の脚・日の足水離れ・水放れ暑苦し・熱苦し胸に釘を打つむさぼりつく辰松八郎兵衛出所・出処家尻を切るお亀与兵衛人形浄瑠璃ひがやす塩を踏む与兵衛いぶり捌ける鉄の帳茶化す道楽者日の脚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android