コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯月の紅葉 ウヅキノモミジ

2件 の用語解説(卯月の紅葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うづきのもみじ〔うづきのもみぢ〕【卯月の紅葉】

浄瑠璃世話物。三段。近松門左衛門作。宝永3年(1706)大坂竹本座初演。大坂心斎橋古道具商笠屋の娘お亀と養子婿との心中事件を脚色したもの。続編に「卯月の潤色(いろあげ)」がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うづきのもみじ【卯月の紅葉】

人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1706年初演。本外題「ひぢりめん卯月紅葉」。大坂心斎橋の古道具商笠屋の娘お亀かめとその婿むこ与兵衛との心中事件を脚色したもの。梅田堤で心中を図るが与兵衛だけ助かる。続編「卯月の潤色いろあげ」では、生き残った与兵衛がお亀の命日に自害する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone