いろは文庫(読み)イロハブンコ

大辞林 第三版の解説

いろはぶんこ【いろは文庫】

人情本。一八編五四冊。為永春水作。1836~72年刊。「仮名手本忠臣蔵」をもとに、赤穂義士外伝を人情本的に脚色したもの。五編以下は二世春水作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

いろは文庫
いろはぶんこ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治18.4(大阪・大工町芝居)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いろは文庫の関連情報