コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いろは文庫 イロハブンコ

デジタル大辞泉の解説

いろはぶんこ【いろは文庫】

人情本。18編54冊。為永春水著。5編以降は2世為永春水著。渓斎英泉ほか画。天保7年~明治5年(1836~72)刊。忠臣蔵の物語を世話物の講談風に書きかえたもので、作中人物の会話はすべて江戸末期の口語

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いろはぶんこ【いろは文庫】

人情本。一八編五四冊。為永春水作。1836~72年刊。「仮名手本忠臣蔵」をもとに、赤穂義士外伝を人情本的に脚色したもの。五編以下は二世春水作。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

いろは文庫の関連キーワード見る・観る・診る・看る仮名手本忠臣蔵松浦の太鼓まざまざまでも人情本