コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作中人物 さくちゅうじんぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

さくちゅうじんぶつ【作中人物】

文学作品中に登場する人物は,しばしば生身の人間と混同され,作者ないし読者が彼らと同化する錯覚を起こすが,言葉によってしか存在を与えられず,作中にしか姿を現さないという意味で,彼らはまったく紙の上の存在である。大別して主役,脇役,端役に分かれ,性格が変わっていく動的人物と変わらない静的人物,平板な人物と奥行のある人物,筋に奉仕する人物と筋を左右する人物等に分類できるが,彼らの性格は内在的に備わったものではなく,読者が自己の内面を投影できるよう,作者がくふうした種々の修辞学的装置に由来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

作中人物の関連キーワードマージェリー フィッシャージョアンナ マンツィーニなんとなく、クリスタル桐壺の帝・桐壷の帝É. ザヴィーコノプニツカゴリオ爺さん弘徽殿の女御マンツィーニウィリアムズU.S.A.藤壺・藤壷六条御息所空蝉・空蟬薄雲の女院いろは文庫宇治の大君優婆塞の宮息子と恋人花暦八笑人

作中人物の関連情報