コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作中人物 さくちゅうじんぶつ

1件 の用語解説(作中人物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さくちゅうじんぶつ【作中人物】

文学作品中に登場する人物は,しばしば生身の人間と混同され,作者ないし読者が彼らと同化する錯覚を起こすが,言葉によってしか存在を与えられず,作中にしか姿を現さないという意味で,彼らはまったく紙の上の存在である。大別して主役,脇役,端役に分かれ,性格が変わっていく動的人物と変わらない静的人物,平板な人物と奥行のある人物,筋に奉仕する人物と筋を左右する人物等に分類できるが,彼らの性格は内在的に備わったものではなく,読者が自己の内面を投影できるよう,作者がくふうした種々の修辞学的装置に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作中人物の関連キーワード怪しばむ暫ししばしばしばしば目セム文学者しば・く屡見る

作中人物の関連情報