コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うてず ウテズ

デジタル大辞泉の解説

うて‐ず

負け惜しみの強いこと。また、その人。また転じて、無粋な者、やぼな者をいう。
「かの田舎の―にせびらかされて頭(つぶり)が痛い」〈浄・冥途の飛脚
[補説]負ける、また、承服できるの下二段動詞「う(打)つ」の否定の形からとも、拍子が打てぬことの意からともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うてず

〔気が乗らない意から〕
わからず屋。野暮。 「彼の田舎の-にせびらかされて/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

うてずの関連キーワードせびらかす負け惜しみ浄瑠璃飛脚冥途

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うてずの関連情報