コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥途の飛脚 めいどのひきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冥途の飛脚
めいどのひきゃく

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。正徳1 (1711) 年大坂竹本座初演。通称『梅川忠兵衛』『梅忠』。宝永年間 (04~11) に起きた飛脚屋亀屋忠兵衛の為替金横領事件を脚色したもの。近松の世話物の代表作。遊女梅川に入れあげる忠兵衛が,友人八右衛門の意見に逆上して 300両の封を切る「封印切」 (中の巻) ,故郷でよそながら父孫右衛門に会う「新口村」 (下の巻) が有名。歌舞伎では改作恋飛脚大和往来』が上演され,人形浄瑠璃でも「新口村」は改作『けいせい恋飛脚』の台本によって演じられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいどのひきゃく【冥途の飛脚】

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。正徳元年(1711)大坂竹本座初演。大坂の飛脚問屋亀屋の養子忠兵衛は新町の遊女梅川を身請けするため、公金に手をつけ、梅川とともに故郷新口村(にのくちむら)に逃げるが捕らえられる。通称「梅川忠兵衛」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

冥途の飛脚【めいどのひきゃく】

浄瑠璃。近松門左衛門作。1711年初演。俗に《梅川・忠兵衛》とも。実話を脚色したもので,大坂の飛脚屋の養子忠兵衛が新町の遊女梅川となじみ,金に詰まったあげく預り金300両の封印を切るという罪を犯す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいどのひきゃく【冥途の飛脚】

人形浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。1711年(正徳1)3月《新いろは物語》の切浄瑠璃として初演されたという(《外題年鑑》)が確証はない。ただ,同年の初秋以前に,大坂竹本座で初演されたものと推定されている。実説の詳細も不明であるが,世間の評判となった事件らしく,浄瑠璃にも歌舞伎にも先行作がある。大和新口(にのくち)村の百姓孫右衛門の子忠兵衛は,訳あって大坂の飛脚宿亀屋の養子となり,商才を発揮していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいどのひきゃく【冥途の飛脚】

人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。通称「梅川忠兵衛」。1711年初演。大坂淡路町の飛脚忠兵衛は為替金の封印を切って遊女梅川を身請けし、故郷新口村まで逃げるが捕らえられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冥途の飛脚
めいどのひきゃく

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。世話物。三段。近松門左衛門作。1711年(正徳1)大坂・竹本座初演。当時実在した飛脚屋の為替(かわせ)金拐帯事件に基づく「梅川(うめがわ)忠兵衛」の情話を脚色したもの。大坂・淡路町の飛脚問屋亀屋(かめや)の養子忠兵衛は、新町槌屋(つちや)の遊女梅川となじみを重ね金に窮し、友人の丹波屋八右衛門(たんばやはちえもん)に借金50両を融通してもらう。八右衛門は忠兵衛の将来を案じ、新町の揚屋で遊女たちに一件を披露し、廓(くるわ)から彼を遠ざけようとする。しかし、偶然廓に来て立ち聞きした忠兵衛は、かっとなり侍屋敷に届けるべき為替金の封印を切って、50両を八右衛門にたたきつけ、残りの金で梅川を身請けする。忠兵衛は梅川とともに故郷新口村(にのくちむら)へ落ち延び、実父孫右衛門によそながら対面し、裏道から逃げようとしたが途中で捕らえられる。激情型の忠兵衛と可憐(かれん)な遊女梅川との情愛を細やかに描いた名作。改作には浄瑠璃に紀海音(きのかいおん)の『傾城三度笠(けいせいさんどがさ)』、菅(すが)専助らの『けいせい恋飛脚(こいびきゃく)』、歌舞伎(かぶき)に『恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい)』などがあり、舞台ではもっぱら改作の「封印切」「新口村」が演じられていたが、最近は近松の文学性尊重の立場から、原作どおりに上演されることも少なくない。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冥途の飛脚の言及

【梅川・忠兵衛】より

…浄瑠璃,歌舞伎作品中の主人公名または作品の俗称。飛脚屋亀屋忠兵衛と新町槌屋の遊女梅川を主人公にした近松門左衛門作《冥途の飛脚(めいどのひきやく)》(1711)が原典であるが,〈新口村の場〉は夫婦,親子,嫁しゅうとの愛情が巧みに描かれ,舞踊的要素が多いのでのちに道行浄瑠璃に作られた。常磐津《道行情(みちゆきなさけ)の三度笠》(1841),富本《道行恋飛脚》(1780),清元《道行故郷の陽雨(はるさめ)》はその代表曲である。…

※「冥途の飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冥途の飛脚の関連キーワード牢櫃・籠櫃・篭櫃上げ銭・揚げ銭傾城に誠なし鐺が詰まる久離を切る世間が立つ胸づはらし気が触れる嵩から出る揚げ詰め阿弥陀笠理屈臭い百三十里一銭一字年長ける格子女郎目腐り金口を毟る濡れ掛く日が込む

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冥途の飛脚の関連情報