コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥途 めいど

世界大百科事典 第2版の解説

めいど【冥途】

〈冥土〉とも書く。仏教用語で,死者が赴く迷いの世界,あるいはそこへたどりつく道程を意味する。生前,この世において仏道修行を怠ったものは,死後,再び迷いの世界に落ちて輪廻(りんね)する。この迷いの世界は地獄,餓鬼,畜生の三悪道で,そこは暗く,苦しい世界なので幽冥の処,すなわち冥途と呼んだ。死後の迷いの世界を幽冥とするのは仏教本来のものではなく,道教の冥府(めいふ)の信仰との習合によるものである。閻羅王(または閻魔王閻魔)をはじめとする十王や多くの冥官(冥府の役人)によって亡者は罪を裁かれ,それ相応の苦しみに処せられると信じられるようになったのは,おそらく中国の唐末期,9世紀後半からであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冥途
めいど

内田百(うちだひゃっけん)の短編小説集。1922年(大正11)稲門堂書店刊。表題作品『冥途』(1917)を含めた18編を収録。すべての作品が夢のスタイルで書かれていて、夏目漱石(そうせき)の『夢十夜』の影響がみられる。「心の中の神秘」を「恐ろしき心で書く」というモチーフで貫かれていて、夢魔的な作品が多い。肉親との交感(『冥途』『道連(みちづれ)』)、獣(けもの)への変身の恐怖(『件(くだん)』)、女性存在の謎(なぞ)および女性への罪意識(『花火』『蜥蜴(とかげ)』)などがある。表題作『冥途』は、幽明を異にする亡父との出会いを、日本人的感覚で哀切に描いた作品である。[酒井英行]
『『冥途・旅順入城式』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

冥途の関連キーワード牢櫃・籠櫃・篭櫃黄泉・黄泉路梅川・忠兵衛梅川忠兵衛久離を切る胸づはらし気が触れる世間が立つ鐺が詰まる揚げ詰め阿弥陀笠強請れ言濡れ掛く死出三途口を毟る百三十里死出の山死出の旅日が込む中有の旅

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冥途の関連情報