コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥途 めいど

4件 の用語解説(冥途の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冥途
めいど

死後に迷い行くといわれる暗黒の世界。冥土とも書く。中国の冥府信仰に由来するものといわれ,仏教の世界観と融合して,地獄,餓鬼,畜生の三道があるとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めいど【冥途】[書名]

内田百閒による短編小説。大正10年(1921)発表。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めいど【冥途】

〈冥土〉とも書く。仏教用語で,死者が赴く迷いの世界,あるいはそこへたどりつく道程を意味する。生前,この世において仏道修行を怠ったものは,死後,再び迷いの世界に落ちて輪廻(りんね)する。この迷いの世界は地獄,餓鬼,畜生の三悪道で,そこは暗く,苦しい世界なので幽冥の処,すなわち冥途と呼んだ。死後の迷いの世界を幽冥とするのは仏教本来のものではなく,道教の冥府(めいふ)の信仰との習合によるものである。閻羅王(または閻魔王,閻魔)をはじめとする十王や多くの冥官(冥府の役人)によって亡者は罪を裁かれ,それ相応の苦しみに処せられると信じられるようになったのは,おそらく中国の唐末期,9世紀後半からであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冥途
めいど

内田百(うちだひゃっけん)の短編小説集。1922年(大正11)稲門堂書店刊。表題作品『冥途』(1917)を含めた18編を収録。すべての作品が夢のスタイルで書かれていて、夏目漱石(そうせき)の『夢十夜』の影響がみられる。「心の中の神秘」を「恐ろしき心で書く」というモチーフで貫かれていて、夢魔的な作品が多い。肉親との交感(『冥途』『道連(みちづれ)』)、獣(けもの)への変身の恐怖(『件(くだん)』)、女性存在の謎(なぞ)および女性への罪意識(『花火』『蜥蜴(とかげ)』)などがある。表題作『冥途』は、幽明を異にする亡父との出会いを、日本人的感覚で哀切に描いた作品である。[酒井英行]
『『冥途・旅順入城式』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冥途の関連キーワード教化冥土正位たて達頼喇嘛冥土の旅喇嘛安所わが赴くは星の群来世観

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冥途の関連情報