おおろか(読み)オオロカ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ろか〔おほ‐〕

[形動ナリ]おろそかにするさま。なおざり。いいかげん。
「大夫(ますらを)の行くといふ道そ―に思ひて行くな大夫の伴(とも)」〈・九七四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおろか

( 形動ナリ )
おろそか。なおざり。 「 -に情こころ尽して思ふらむその子なれやも/万葉集 4164

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ろか おほ‥

〘形動〙 (「おほ(凡)」ら派生した語) いい加減であるさま。通り一遍であるさま。おろそか。おぼろか
書紀(720)仁徳三〇年一一月・歌謡「つのさはふ 磐之媛(いはのひめ)が 飫朋呂伽(オホロカ)に 聞こさぬ 末桑(うらぐは)の木」
[語誌]平安時代の「おぼろけ」「おぼろ」と同様に否定的な表現と呼応することが多く、また、和歌などでは「おぼろけ(朧気)」と掛けて用いられることが多かったために後世両者を混同するようになったともいわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android