おびる

大辞林 第三版の解説

おびる

( 動下二 )
内気でおどおどする。 「女御のあまりやはらかに-・れ給へるこそ/源氏 若菜下
(多く「寝おびる」の形で)ぼんやりする。ぼける。 → 寝おびる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

おび・る

[動ラ下二]
内気でおっとりしている。
「女御の、あまりやはらかに―・れ給へるこそ」〈・若菜下〉
おびえる。
「この勢ひに―・れて、山路にかかって逃ぐるを」〈浮・諸国心中女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おび・る

〘自ラ下二〙
① 内気でおどおどする。物をすぐに感じとる。
源氏(1001‐14頃)若菜下「女御のあまりやはらかにをびれ給へるこそ、〈略〉まして心乱れなむかし」
② とまどう。おびえる。多く「おびる」の形で用いる。
※源氏(1001‐14頃)横笛「君たちのいはけなく寝おびれたるけはひなど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おびるの関連情報