コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おびる おびる

大辞林 第三版の解説

おびる

( 動下二 )
内気でおどおどする。 「女御のあまりやはらかに-・れ給へるこそ/源氏 若菜下
(多く「寝おびる」の形で)ぼんやりする。ぼける。 → 寝おびる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

おびるの関連キーワードスイゼンジナ(水前寺菜)キツネノエフデ(狐絵筆)クチベニタケ(口紅茸)ツルギキョウ(蔓桔梗)カキシメジ(柿占地)オニイグチ(鬼猪口)カラタチ(枸橘)カマツカ(鎌柄)クリタケ(栗茸)スジウスバノリコウモリカズラスダチ(酢橘)シャルトル学派スタンホペアキタダケソウケシ(芥子)アフマートワアマドコロクレソン社会心理

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おびるの関連情報