コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こそ コソ

3件 の用語解説(こその意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こそ[係助・終助・接尾]

[係助]種々の語に付く。
ある事柄を取り立てて強める意を表す。「今こそ実行にうつすべきだ」
「もののあはれは秋―まされ」〈徒然・一九〉
ある事柄を一応認めておいて、それに対立的、あるいは、否定的な事柄を続ける。「感謝こそすれ、恨むことはあるまい」「賛成こそするが、積極的ではない」
「昔―外(よそ)にも見しか我妹子(わぎもこ)が奥つきと思へば愛(は)しき佐保山(さほやま)」〈・四七四〉
文末にあって、言いさして強める意を表す。「これはこれは、ようこそ」「『先日はありがとう』『いや、こちらこそ』」→こそあれてこそとこそばこそもこそ
「深く信をいたしぬれば、かかる徳もありけるに―」〈徒然・六八〉
[補説]古語では、文中にあって「係り」となり、文末の活用語尾を已然形で結ぶ。また、上代では連体形で結ぶこともある。係助詞「ぞ」「なむ」に比し、強調の度合いが強いといわれる。2は、現代語では、多く「こそあれ」「こそすれ」「こそするが」などの形で用いられる。3は、「こそ」に続く述語部分を省いたもので、古語では、「あれ」「あらめ」「言はめ」が省かれることが多い。
[終助]《上代語》用言の連用形に付く。願望を表す。…てほしい。…てくれ。
「ぬばたまの夜霧に隠(こも)り遠くとも妹(いも)が伝へは早く告げ―」〈・二〇〇八〉
[接尾]
人名などに付けて、呼びかけに用いる。
「聞き給ふや、西―といひければ」〈大和・一五八〉
子供の名に付けて、親愛の意を添える。
「忠―五になる年の三月に」〈宇津保・忠こそ〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こそ

( 係助 )
文中、種々の語に付いて、それを取りたてて、強く指示する意を表す。
多くの事柄の中から特定のものを取り出して強調する。 「ことし-がんばるぞ」 「今だから-こんな事も笑って話せるのです」
動詞の仮定形に助詞「ば」の付いた形に付き、既定条件を表して、後件の理由を強く提示する。 「あなたのことを思えば-、注意しているのです」
(「こそすれ」「こそあれ」「こそなれ」などの形で)事実は事実として一応認めておくが、という意を表す。 「ほめ-すれ、決して笑いはしない」 「きつく忠告することは、先輩としての務めで-あれ、後輩へのいたずらな干渉ではない」
「それこそ」の形で、副詞的に用いる。 「そんなことをしようものなら、それ-大変だ」
(「ばこそ」の形で終助詞的に用い)まったくそうはならないの意を表す。 「押しても引いても動かば-」
古文では、この語が文中に用いられると、文末の活用語は已然形で結ぶ。
に同じ。 「隆家-いみじき骨は得て侍れ/枕草子 102」 「いとはかなうものしたまふ-あはれにうしろめたけれ/源氏 若紫」 「まことに蓬萊ほうらいの木かと-思ひつれ/竹取」
この語は、事物を指示する意が強いために、後件が前件と反対の内容をもつ時は、逆接の意が加わることになる。 「八重むぐら茂れる宿のさびしきに人-見えね秋は来にけり/拾遺
「こそあれ」「こそあらめ」などの形で、「あれ」「あらめ」などの言い方を省略して、「こそ」で文を終止することがある。中世以降の用法。 「未練の狐ばけ損じけるに-/徒然 230
「もこそ」の形で、「…になるかも知れないが、そうなったら困る」の意を表す。 「人も-聞け、と思ふ思ふいけば/和泉式部日記」
上代では、已然形に付いて順接の確定条件を強める意を表すことがある。 「嘆きつつますらをのこの恋ふれ-我が結ふ髪の漬ちてぬれけれ/万葉集 118
上代では、形容詞や形容詞型活用の助動詞におけるこの語の結びは連体形である。 「難波人葦火焚く屋のすしてあれど己おのが妻-常とこめづらしき/万葉集 2651
( 終助 )
〔上代に見られる用法〕 連用形に付き、他に対する希望の意を表す。 「うぐひすの待ちかてにせし梅の花散らずあり-思ふ児がため/万葉集 845」 〔この終助詞「こそ」は助動詞「こす」の命令形とみる説もある〕

こそ

( 接尾 )
〔助詞「こそ」から〕
人名に添えて、親しみをこめて呼び掛けるのに用いる。…さん。 「北殿-、聞き給ふや/源氏 夕顔
子供の名に付けて、親愛の意を添える。 「名をばただ-といふ/宇津保 忠こそ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こその関連情報