コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おふく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おふく

?-? 戦国-織豊時代,宇喜多直家の妻。
宇喜多秀家の母。はじめ美作(みまさか)(岡山県)高田城主三浦貞勝と結婚するが,永禄(えいろく)8年(1565)貞勝は三村家親に攻められ自刃(じじん)。備前にのがれ,のち直家と再婚し天正(てんしょう)元年秀家を生む。直家の死後出家して円融院と称した。墓碑に法鮮とあることから法鮮尼ともいわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

おふくの関連キーワード旅路 おふくろさんより山口県美祢市於福町上青瓢箪・青瓢簞山口県美祢市拝啓、父上様しんば春夫岩崎加根子渡部絵里香桃井かおり河野 貞子大崎由利子御引き摺り田中千禾夫美祢(市)美祢[市]宇喜多秀家宇喜多直家下がり取り荒木 道子こっくり

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おふくの関連情報