コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おふく

2件 の用語解説(おふくの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

おふく

山口県美祢市にある道の駅。国道316号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おふく

?-? 戦国-織豊時代,宇喜多直家の妻。
宇喜多秀家の母。はじめ美作(みまさか)(岡山県)高田城主三浦貞勝と結婚するが,永禄(えいろく)8年(1565)貞勝は三村家親に攻められ自刃(じじん)。備前にのがれ,のち直家と再婚し天正(てんしょう)元年秀家を生む。直家の死後出家して円融院と称した。墓碑に法鮮とあることから法鮮尼ともいわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

おふくの関連キーワード織豊時代砥石城宇喜多秀家(1572―1655)宇喜多休閑浦上宗景重宗甫戸川秀安戸川秀安母三村家親三村元親

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おふくの関連情報