自刃(読み)じじん

精選版 日本国語大辞典「自刃」の解説

じ‐じん【自刃】

〘名〙 刀剣を用いて自分の生命を絶つこと。
※書言字考節用集(1717)五「自刃 ジジン 自刺。自刑。並仝」
※山吹(1944)〈室生犀星〉七「気の短かな父は汚名を前にして生きてゐられずに、自刃して果てた」 〔史記‐魯仲連伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自刃」の解説

じ‐じん【自刃】

[名](スル)刀物で自分の生命を絶つこと。「自刃して果てる」
[類語]自殺自決自尽自裁自害自刎殉死

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「自刃」の解説

【自刃】じじん

自害。自ら死ぬ。〔左伝、襄二十五年〕興る。(、臺に登りてふ。許さず。(ちか)はんことをふ。許さず。に自せんことをふ。許す勿(な)し。~、牆(かき)を踰(こ)ゆ。之れを射る。に中(あた)り、反りて(お)つ。に之れを弑す。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android