おろ覚(読み)おろおぼえ

精選版 日本国語大辞典の解説

おろ‐おぼえ【おろ覚】

〘名〙 (「おろ」は接頭語) 記憶がはっきりしていないこと。ぼんやりした記憶。うろおぼえ。
※浮世草子・好色二代男(1684)三「廿二日の状の書出しはと尋ける。それ愚覚(オロオホヘ)ながら。今日涼風の吹(ふか)ぬ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android