コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お種・彦九郎 おたね・ひこくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お種・彦九郎 おたね・ひこくろう

浄瑠璃(じょうるり)の登場人物。
宝永3年(1706)におきた事件をヒントに,近松門左衛門がかいて翌年上演された浄瑠璃堀川波鼓(なみのつづみ)」の主人公。江戸詰めの鳥取藩士小倉彦九郎の妻お種が,鼓の師匠宮地源右衛門と不義をおかす。帰郷した彦九郎はお種を刺殺し,京都にすむ源右衛門を討ちとる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android