コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かみあいクラッチ かみあいクラッチclaw clutch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かみあいクラッチ
claw clutch

軸端に爪や歯をもった部品を取付け,それらを噛み合せたり,はずすことによって動力の伝達を断続するクラッチ。爪を用いるものを爪クラッチ (ジョークラッチおよびドッグクラッチ) といい,爪の形には角形,螺旋形その他がある。低速,低負荷の場合にのみ適用される。なお,摩擦クラッチに対して,確動クラッチ positive clutchと呼ぶことがある。このほか,爪の形が三角形で円板の中心から放射状にセレーションを加工したセレーションクラッチがある。スラスト (推力) をかけないとはずれるが,これを逆用して伝達トルクを一定に押えるための安全装置に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone