からが(読み)カラガ

デジタル大辞泉の解説

から‐が

[連語]《格助詞「から」+格助詞「が」》体言、体言に準じるものに直接、または「にして」を介して付き、他を言う前に、その事柄、物事自体が以下に述べるごとくである意を表す。…からはじめて。…をはじめとして。「大きさからが私の物にそっくりだ」「考え方にしてからが違っている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐が

(起点を示す格助詞「から」に、格助詞「が」の付いたもの) 体言または、それに準ずるものを受け、「…からはじめて」「…をはじめとして」の意を表わす。→てからが
※雑俳・寄太鼓(1701)「盃のさしやうからが親の子じゃ」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一〇「鍋そのものからが品よく出来上って居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からがの関連情報