コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てからが テカラガ

2件 の用語解説(てからがの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てから‐が

[連語]《「が」は接続助詞。近世以降の語》…ても。…たところで。
「地の人ならねば跡を引かれ―、たかが知れてあると」〈浮・禁短気・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てからが

( 連語 )
〔連語の「てから」にさらに接続助詞「が」の付いたもの。近世以降の語〕
動詞の連用形に付いて、全体で一つの接続助詞のように用いられる。逆接の意を表す。…ても。…たところで。 「遊山所ゆさんじよで御目にかかりぬれば、名を申し-、お覚えはない筈/浮世草子・禁短気」 「よし盗んだにし-、わづかの金ではござらぬか/浄瑠璃・袂の白絞」 〔 (1) 現代語でも「…にしてからが」などの言い方で用いられることがある。 (2) 現代語では、「てからが」の「が」が格助詞の「が」と考えられる場合がある。→「てから」補注

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てからがの関連キーワードからとてしてみればずば接続助詞てからてからにてや並立助詞見がてら見がてり

てからがの関連情報