コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てからが テカラガ

デジタル大辞泉の解説

てから‐が

[連語]《「が」は接続助詞。近世以降の語》…ても。…たところで。
「地の人ならねば跡を引かれ―、たかが知れてあると」〈浮・禁短気・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てからが

( 連語 )
〔連語の「てから」にさらに接続助詞「が」の付いたもの。近世以降の語〕
動詞の連用形に付いて、全体で一つの接続助詞のように用いられる。逆接の意を表す。…ても。…たところで。 「遊山所ゆさんじよで御目にかかりぬれば、名を申し-、お覚えはない筈/浮世草子・禁短気」 「よし盗んだにし-、わづかの金ではござらぬか/浄瑠璃・袂の白絞」 〔 (1) 現代語でも「…にしてからが」などの言い方で用いられることがある。 (2) 現代語では、「てからが」の「が」が格助詞の「が」と考えられる場合がある。→「てから」補注

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てからがの関連キーワード産褥期の注意すべき症状と対策やけどと皮膚がんにしてからがしてからが準体助詞京極夏彦接続助詞ハクサイからがからにから洗骨補注

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android