コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かりん糖 かりんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かりん糖
かりんとう

駄菓子の一種で,練った小麦粉を油で揚げ,砂糖をまぶしたもの。白砂糖をまぶしたものを白かりん糖,黒砂糖をまぶしたものを黒かりん糖という。奈良時代に唐から伝わった唐菓子の「環餅」や「捻頭」などの後身。江戸時代中期以降大いに受けた。浅草仲見世の「飯田屋」でつくられたのが最初といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

かりん糖の関連キーワード駄菓子おこし

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かりん糖の関連情報