コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚げ アゲ

2件 の用語解説(揚げの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あげ【揚げ】

油で揚げること。また、揚げたもの。他の語と複合して用いられる。「さつま揚げ」「精進揚げ」「揚げ玉」
油揚げ」の略。
客が芸妓・娼妓を一昼夜通して買うこと。
「―の日は半時も側に置かねば損のやうに」〈浄・生玉心中

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揚げ
あげ

男児、女児の和服の身丈(みたけ)、裄(ゆき)を着丈(きたけ)、着裄より大きめに仕立て、必要な寸法に揚げたもの、または揚げること。腰揚げ、肩揚げがある。成長に応じて、揚げを少なくし、体にあわせて着るようにする。
 なお、本裁ちでも対丈(ついたけ)に仕立てる男物長着には、裏側から帯に隠れる位置に内揚げをする。袷(あわせ)の場合の裏身頃は肩山に内揚げをする。縫い直しのときには、裾山の汚れ、傷みなどを切り捨て、この揚げをおろして着丈にあわせる。対丈に仕立てる男女の長襦袢(ながじゅばん)にも、同じ必要から、胴の位置に内揚げをする。また舞妓(まいこ)の着物には、子供らしさを表すために、袖(そで)丈に袖揚げをする。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揚げの関連キーワード油揚揚げ麩掻き上げ五色揚素揚生揚揚げ出し揚げ餅空揚げ/唐揚げ白扇揚げ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

揚げの関連情報