コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚げ アゲ

デジタル大辞泉の解説

あげ【揚げ】

油で揚げること。また、揚げたもの。他の語と複合して用いられる。「さつま揚げ」「精進揚げ」「揚げ玉」
油揚げ」の略。
客が芸妓・娼妓を一昼夜通して買うこと。
「―の日は半時も側に置かねば損のやうに」〈浄・生玉心中

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揚げ
あげ

男児、女児の和服の身丈(みたけ)、裄(ゆき)を着丈(きたけ)、着裄より大きめに仕立て、必要な寸法に揚げたもの、または揚げること。腰揚げ、肩揚げがある。成長に応じて、揚げを少なくし、体にあわせて着るようにする。
 なお、本裁ちでも対丈(ついたけ)に仕立てる男物長着には、裏側から帯に隠れる位置に内揚げをする。袷(あわせ)の場合の裏身頃は肩山に内揚げをする。縫い直しのときには、裾山の汚れ、傷みなどを切り捨て、この揚げをおろして着丈にあわせる。対丈に仕立てる男女の長襦袢(ながじゅばん)にも、同じ必要から、胴の位置に内揚げをする。また舞妓(まいこ)の着物には、子供らしさを表すために、袖(そで)丈に袖揚げをする。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

揚げの関連キーワード縫い揚げ・縫い上げ・縫揚げ・縫上げ真挽き揚げ/新挽き揚げ揚げ餅・揚げ餠・揚餅芸者買い・藝者買い泡雪揚げ・泡雪揚フライドチキンポテトチップスチキンナゲット能登のはま塩薄揚げ・薄揚生揚げ・生揚釜揚げ・釜揚餡ドーナツ焦がしねぎがんもどき揚出し豆腐道明寺揚げ挟み揚げ揚げ煎餅揚げパン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揚げの関連情報