がば

精選版 日本国語大辞典の解説

がば

〘副〙 (古くは「がは」、のちには「かば」とも。多く「と」を伴って用いる)
① 突然で、はげしい動作を表わす語。おもに、急に倒れたり、または起き上がったりするさまを表わす。
※平家(13C前)九「大の男の鎧きながら、馬より舟へがはと飛びのらうに、なじかはよかるべき」
※改正増補和英語林集成(1886)「Kaba(カバ)ト オキル」
② はげしい物音、力鋭く貫く音などを表わす語。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)三「娘の劔を追取て、のんどにがはとつきたつる」
③ 約束、期待したことなどが、思ったこととは全く相反しているさまを表わす語。
※日葡辞書(1603‐04)「Gafato(ガハト) チガウタ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がばの関連情報